メールマガジンの基礎知識B〜創刊準備「タイトルが大事です」〜

それでは、これからメールマガジンの創刊準備を進めていきます。


メールマガジンを配信するには、発行スタンドを利用します。

メールマガジン配信スタンドには、「メルマ」「メルマガ天国」など
様々なサービスがありますが、ここでは、インターネットの本屋さん
『 まぐまぐ 』を利用して発行を行う手順で進めていきます。

http://www.mag2.com/


なぜ 『 まぐまぐ 』?


それは、今、日本で一番利用者数が多い、
読者数が多いのが「まぐまぐ」だからです。


実際まぐまぐを利用して配信しているメールマガジンは32,000誌以上で、
これは文句なしに日本最大です。

露出度や知名度からしても、有利ですし、発行者のブランドにもなります。

『まぐまぐ』を利用して配信を行った方が、他の発行スタンドよりも効果的に
購読者が確保できるのです。



では、実際に『まぐまぐ』で新規発行手続きを行う前に、
次のような項目を、どうするか考えます。

 ・メルマガのタイトル
 ・メルマガの説明
 ・発行周期
 ・配信方法( テキスト or HTML )

などを書きとめておきましょう。

まずは、ノートに手書きで結構です。


◆タイトル

どうしても悩んでしまう場合は、実際にまぐまぐにアクセスし、現在どのような
メルマガが発行されているのかをリサーチしてみるといいですよ。
素直に先駆者の方々から学び取る事も立派な戦略です。


◆発行カテゴリ

タイトルや内容が決まったら次はメルマガのカテゴリです。
実際にまぐまぐにアクセスし、「あなたが発行するメルマガに
最も関連があると思うカテゴリ」 を選択してください。


◆発行形式 テキスト or HTML

次に「 テキスト or HTML 」発行の形式ですが、
HTMLタグが理解できる方はHTML形式で発行しても良いと思います。

トップアフィリエイターの中には、HTMLメールそのものから
大きなキャッシュを得ている人もあります。

「仕掛け」を作るには、HTMLメールは有効です。

ただし、HTML形式になると、メールの要領が重たくなる為、
「受信に時間がかかる」等のデメリットが発生します。


◆バックナンバー

バックナンバーは出来るだけ 「 全て公開 」 にチェックすることを
お勧め致します。(私はそのようにしています)


◆発行周期

一般的な読者の理想は週1〜2回の発行が望ましいというデータが
ありますが、毎日5通まで配信でき、不定期という項目もありますので
ご自身の戦略と共に決めてください。


◆マガジンの説明文

マガジンの説明文を全角120文字以内で作成してください。
ここも深く考えすぎてはいけません。
シンプルにインパクトのある文章が一番です。
どうしても悩んでしまう場合は、実際にまぐまぐにアクセスし、
現在どのようなメルマガが発行されているのかをリサーチしてください。

 
◆登録開始

それでは実際にまぐまぐに発行申請を行いましょう。
今までの事を書き留めたノートを手にまぐまぐにアクセスしてください。

 http://www.mag2.com/
 
まぐまぐのトップページから「 発行するには 」という箇所に 
「 新規発行申請 」という項目があると思います。
そこから申請を行って下さい。

 
規約に同意後、今までに書き留めた事を順番に書き込み
「 発行申請 」 のボタンをクリックしてください。

 
以上で発行申請は終了です。

それでは、いよいよ「メルマガ第1号」の作成に入りましょう!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。