メールマガジンの基礎知識E〜タイトル&説明文を考えるときの三原則〜

さて、いろいろ、書いてみましたか?

まだ白紙の紙を前に悩んでいる方もいるかもしれませんね。

では、もう少し、ヒントになりそうなことを書いていきますので
何も浮かばない・・・という方はコチラも参考にしてみてください。


■頭に入れておきたい「三原則」

タイトルと説明文を書くとき、以下の点に注意してみるといいでしょう。

前記事にも書きましたが、タイトルと説明文、
これをまぐまぐの審査員ではなく、読者になる人たちに
見てもらうものです。

コレは絶対忘れないでくださいね。


 ☆原則@☆ メルマガのチャームポイントとも言うべき「売り」が一瞬で分かること!

キーワードをいくつか考えていく、そしてその中でもあなたのメルマガの
一番の「売り」(チャームポイント)に焦点を絞ります。

この原則は特に、タイトルを考える上で重要となります。

前に書いたように、はじめから「ひとつだけ」書くのではなく、
いくつも書いた中から言葉を絞り込んでいくんです。


 ☆原則A☆ 一瞬で分かる「短文」を使う!

その文をパッと見たら、その内容がすぐに分かるものにしていきます。

キーワードを絞りながら、「このメルマガはこんなことが分かる」と読者に
分かるように書いていくことが大切です。


 ☆原則3☆ 競合メルマガと「差別化」すること!

いまは、たくさんのメルマガがあります。
あなたの考えているメルマガと似た感じのものもあると思います。
 
決して既存のメルマガと競うのではなく、「差別化」し、
あなただけの「売り」を全面に出します。
 
「売り」といってもピンとこないでしょうか・・・
「個性」といってもいいでしょう。


以上、メルマガタイトルと紹介文を考える上での頭に入れておきたい「三原則」を書きましたが、
これは、はじめっから原則に当てはめようとしたら、絶対に書けません!!
(100%書けません。)


はじめは、自由な発想で、文字数も考えずに、何のきまりもないままに書いてみます。
そして、「これっ!」っていう「キーワード」を集めておき、残していくのです。

そして、それらを組み合わせて、「三原則」と照らし合わせてみるのです。



大丈夫ですよ。

あなたにもできます。

まずは自分で考えてみることがスタートです。

この「メルマガタイトルと紹介文」は、読者を獲得するときに重要になって
きますので、言葉をよく吟味して書いていってください。

そして、この紹介文がメルマガ第1号の内容と一致していないといけません。

 https://mypage.mag2.com/Welcome.do

こちらも読んでおくと、読者獲得の参考になります。

「愛されるメルマガのつくりかた」

 http://5joho.net/vv/371.html


審査されるのはメルマガ第1号ですが、この「紹介文」も大切になってきます。

ただ、この記事を読んでいるだけでは、前に進みません。

自分にもできる!!と自己暗示をかけ、
まずはやってみてください。

次回は、私の経験から、
 ■実際に承認を得たメルマガ
 ■不承認になったメルマガ

このふたつを比較分析していきます。

メールマガジンの基礎知識D〜まぐまぐ!メルマガ申請アドバイス〜

お待たせしました。
それではあなたのメルマガをまぐまぐに申請します。

何でも、初めてのことをやるときは緊張しますが、
ダメだったらまた1からやってみようという気持ちで
気楽にやってみたらいいかもしれません。


まぐまぐの承認審査は「第1号」を見て行われます。
 
『まぐまぐ!』でメルマガ発行するには メールマガジン発行までの流れ

 http://5joho.net/vv/370.html

こちらを見てみてください。

 
ここをこうすれば、というアドバイスをしてあげたいのですが
残念ながら審査の基準は明らかにされいません。
「第1号」の内容によって、判断されていることは確かです。


* 「無料メールマガジン発行者登録規約」は参考までに  
   読んでおくといいでしょう。

 https://mypage.mag2.com/entry/UserRegistTerms.do



この規約以外には、具体的な「審査基準」っていうものが明記されていません。
つまり、これが一応の目安になるわけですね。

さて、では、私がどのようにして過去、まぐまぐ!でメルマガ申請をしてきたのか、
具体的におはなししますね。


@メルマガのタイトルと紹介文を考える


メルマガの申請をしていく中で、もっとも大切なことってなんだかわかりますか?

メルマガタイトルと紹介文。
この2つです。

この2つで「読者をいかに惹きつけるか」を第一に考えて書きます。

●マガジンタイトル(全角25文字/半角50文字以内)

●メールマガジンの説明文(全角120文字/半角240文字以内)


■マガジンタイトル(メルマガ名)

メルマガを選ぶときにタイトルって必ず見ていると思いますが・・・どうですか?

メルマガ名は「一人でも多くの読者を集められそうなもの」を考えることです。

センスの良いものから単純なものまで、あなたの好み次第ですが、
英文は避けましょう。

このタイトルで、50〜70%は決まるといってもいいくらい重要です。

なので・・・

1つや2つ考えただけでなく、いくつものパターンを考えましょう。
メルマガタイトルと紹介文はあとで変えることもできますが、
はじめによく吟味して決めて下さい。
  
どのタイトルが一番いいかは、あなたではなく、読者が決めるのです。

思いつくことは全て「書き出して」みてください。

いいですか。

頭の中にしまうのではなく、「紙の上に書き出す」のです。



■メールマガジンの説明文

まずは、私がやってみていいと思ったポイントです。
 
まぐまぐには、(全角120文字/半角240文字以内)で申請しますが、
はじめは、(全角240文字/半角480文字以内)で考えてください。

そして、その中のキーワードだけを残していって、最終的には、
(全角120文字/半角240文字以内)にしていきます。


やはりこれも、文字数は考えないで、とにかく、「紙の上に書き出す」のです。
 
紙に書きためておきます。

そして、その中から240字に減らし、120字にまとめていきます。


さぁ、さっそく、紙と鉛筆を用意して、思いつくだけ、書いてみてください。

ポイントがたまるメルマガスタンド「melma!」

ではでは、「メルマガ第1号」の作成をはじめましょう!


あとは、まぐまぐからの申請が降りるのを待つだけです・・・

なんですが、


まぐまぐへの申請をして、メルマガ発行の承認を得るのですが、

その前に・・・


実験的にmelmaで申請してみることをおすすめします。

まぐまぐへの「承認」の目安として利用することができます。


■melma!
http://5joho.net/vv/367.html


■melmaのシステムについて 

1)メルマガを発行するために、まずはマイメルマ!に登録しましょう。

マイメルマ!はメルマガの発行・管理はもちろん、ブログの発行・管理
もできたり、占いを毎日チェックすることもできちゃいます。
 
でも、マイメルマ!の魅力は、それだけじゃないんです。 
 
その魅力とは、マイメルマ!会員だけが貯められる“melma! ポイント”!

melma!ポイントを貯めることで、豪華商品と交換したり、懸賞に応募
したりすることができるんです。

  http://5joho.net/vv/368.html


2)マイメルマ!に登録したら、
 さっそくメルマガ・ブログを発行してみましょう♪

 発行の申込みはとってもカンタンです。
 手順に沿って必要な項目を記入するだけです!


3)Blogは使える

 今では、まぐまぐでもBlogとの連携もされるようになりましたが、
 melmaもメルマガの内容がそのままマイBlogに反映されます。
 
 これを上手く使うと、無料での読者増も可能となります。


■実験的にmelmaで発行してみよう

 
「実験的に」なんて書いたら変な言い方に聞こえがちですが…
まぐまぐの申請の前にmelmaで発行してみると、承認の目安になります。

melmaの場合は、メルマガ発行の手続きが終われば、
すぐにメルマガ第1号を発行できます。
 
まぐまぐの場合と同じく、第1号が承認されれば、
続けて発行できるというシステムになっています。
 
もし、不承認の場合はmelmaから数日後に「不承認」のメールが届きます。
 
承認の場合は、自分のメルマガサイトがmelmaのサイトに作られます。

 
このようにして、まぐまぐに申請する前に、
melmaで「実験的に」発行してみて、
承認されたら、まぐまぐでも承認される可能性が高くなります。
 

もちろん、melmaでは不承認でもまぐまぐで承認という場合もないことはありませんが、
melmaで不承認だとしたら、まぐまぐで承認される見込みは低いと考えられます。
 

この場合は、メルマガを修正してからまぐまぐに申請をするようにしたらいいでしょう。

まぐまぐの前にmelmaで実験、ちょっとしたヒントにも目安にもなるのでは
ないでしょうか。


メールマガジン発行までの流れ
http://5joho.net/vv/369.html


さあ、次は、いよいよまぐまぐに申請します!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。