情報起業の始め方〜ココだけの話。E

さて、前回までに、これからあなたが作る情報商材の内容について
お話ししました。

前回までのお話を確認したい方はコチラから。

まだご覧になってない方も順に読んでいただければ、と思います。



 情報起業の始め方〜ココだけの話。@

 情報起業の始め方〜ココだけの話。A

 情報起業の始め方〜ココだけの話。B

情報起業の始め方〜ココだけの話。C

情報起業の始め方〜ココだけの話。D
---------------------------------------------------

「情報商材」の内容。。。

なんでもいい!んです

 
書く内容は、なんだっていいのです。
  
自分が書くことさえできたら、
それは”立派な”情報商材になります。

   
   
「なんでもいい!」と言われても・・・

何でもいいからって、すぐにかけるものではありませんよね。

やっぱり、

「情報商材って、どうやって作るのよ?」
 
って言う疑問は残っていると思います。



では、まず、この2つのサイトを見てください。

http://5joho.net/vv/322.html

http://5joho.net/vv/323.html


このサイトを見るだけでも、その内容の「質」が分かります。


この2人が、どのようにして、
この「商材を書かれたのか」・・・

その辺は本人に聞かなければ分かりません。

しかし、その中身を読んでみると、
2人に「共通していること」が分かります。

 

はい、 「共通していること」って、何でしょう?
          

 
読んでみると分かるはずです。

読んでくださいね。



どうでしょうか?


共通点、見えてきましたか?


それでは、コレが回答!というわけではありませんが
私が気づいたことを挙げてみます。


1.自分自身の「体験」がもとになっていること

2.具体的な事実と自己の分析によって書かれていること

3.具体的な数字、個数や率的なのも組み込んであること

4.どうして成功したのかという、具体的な成功ノウハウが書いてあること

5.役に立った情報も、自分なりに修正・加筆して書かれていること

6.2人の情報収集力がすごいこと

7.知っていることも書いてあるが、2人に独特な視点で斬り込んであること

8.過去(結果)と事実を基にして、これから(未来)のメリットも書かれていること

9.2人の熱意がヒシヒシと伝わってくること

10.読んだ人も「やってみたい!」と思わせる”仕掛け”も入っていること


 などなど、まだまだ見えてくるものがあります。


2つのページは商材を売るためのセールスページですが、
これから、情報商材を作る方には
ものすごくたくさんのヒントが詰まっているページでもあります。



ということは・・・
情報教材を作るときには、
 
自分も「情報商材」を読んでみる!
          

これが大切になってくると思います。


実際の私自身の体験から言えることでもありますが、
読まないで作ろうとしたものと、
読んでから作ったものとでは、
その中身がぜんぜん違ってきましたよ。

書く量もですが、質の変化が見られるようになってきました。



情報起業は、誰にでも可能です。

「情報を共有していこう」とするマインド、考え方を持ち続ければ、
可能なのです。

情報起業の始め方〜ココだけの話。D

ちょっと日があいてしまいましたが・・・
前回までのお話を確認したい方はコチラから。
まだご覧になってない方も順に読んでいただければ、と思います。

 情報起業の始め方〜ココだけの話。@

 情報起業の始め方〜ココだけの話。A

 情報起業の始め方〜ココだけの話。B

情報起業の始め方〜ココだけの話。C

---------------------------------------------------
 情報起業の始め方〜ココだけの話。A で 情報起業にあたっての「障害」を書きました。

 以下の点ですが・・・
 
 ■自分には販売できる(売れる)ような情報なんてない。

 ■自分には情報商材なんて作れない。

 ■情報商材の作り方なんてわからない。

 ■HPすら作れないのに情報起業なんてできない。

 ■本業が忙しくて、そんなことする時間はない。



こういうことって、情報起業家としてやっていくための
課題」ですよね。

 
情報起業について、書きたいことは山ほどあります。

しかし、ここは自分のアタマの中を整理するためにも、
読者の方にわかりやすくするためにも、順を追っていきたいと思います。。


まず、「情報起業」について確認しておきます。


情報起業とは、

自分で作ったレポートやマニュアルなどの情報商材をインターネットで販売するビジネス

ということですね。

今って・・・

「情報起業」で月収100万円を稼ぐ人がどんどん誕生!

100万円どころか、数ヶ月で数千万という人まで登場しています。


こんな時代なのです。

そして、大切なポイントが、
これは「他人ごとではない!」ということです。

あなたにもできる!なれることなのです。


それは、昨日まで、
 ただのサラリーマンだった人、
 普段はメールくらいしかしたことのない主婦、
 ちょっとパソコンに詳しかった現役の大学生、
 世間ではニートとかフリーターと呼ばれていた人・・・

フツウに現代社会によくいるあなたと同じような人たちなんです。


今は、決してネットビジネスの「プロ」ではない全く普通の人が
自分の情報商材を売ることができてしまう時代なんです。



月収100万円以上の起業家が続々と誕生しています。


このビジネスに取り組んでいる人を情報起業家インフォプレナー)と呼びます。


この「情報起業」のすごいところは、

 ●在庫をかかえる必要がない

 ●人を雇う必要がない

 ●場所は借りなくていい

 ●自分の空いた時間・好きな時にできる

 ●収入は100%自分のものになる

 ●販売する情報は「電子ファイル」にすれば、送料も無料


 だということです。


自分で作るんだから、資金0でリスクなんてほとんどないですよね。
インターネットを利用している人なら、「誰もが」起業できちゃうんです。

  
ところで、その「情報商材」の内容なんですが・・・



         なんでもいい!

 
はい、書く内容は、なんだっていいのです。
自分が書くことさえできたら、それは立派なひとつの情報商材になってしまうのです。


 ・なっちゃんが極めたフリーソフトの使い方!

 ・おうちで居酒屋風!写真入りオリジナル料理超カンタンレシピ集

 ・世界旅行体験者が伝授!とにかく安く日本一周旅行する秘訣

 ・異性にもてるための究極の愛台詞100集

 ・HPのアクセスを1日に1000HITさせる裏技

      
         なんでもいい!


ということです。


どうでしょう?

今のような内容やテーマだと無理かもしれませんが。


自分だけの体験や思いを「作文」にまとめるだけなんです。


そう簡単に言われても・・・ねぇ。。。

どうやって書いていいのか・・・

どんなことを書いていいのか・・・

 
上に書いた「課題」を解決していく必要がありますね。

でも心配いりません。


「情報商材は誰にでも作れる」

これだけ分かってもらえれば、結構です。


もちろん、ネタのある人は、今から「作文」を書いていきましょう。

今、すぐに!! ですよ。


誰でも情報起業ができるからこそ、私にも可能なのです。

自分の仕事を持ちながら、空いた時間を使ってできるのが
情報起業の魅力なのです。




なんといっても、売れたら即金 ですからね。


決して、一部の専門家だからできることではないのです。

情報起業の始め方〜ココだけの話。C

ちょっと日があいてしまいましたが・・・
早速、今日から商材を作るために必要な基データを順を追ってまとめてみましょう。

前回までのお話を確認したい方はコチラから。
まだごらんになってない方も順に読んでいただければ、と思います。

 情報起業の始め方〜ココだけの話。@

 情報起業の始め方〜ココだけの話。A

 情報起業の始め方〜ココだけの話。B

---------------------------------------------------
 
では、早速、本日のお話に参ります。


商材を作るために必要な基データ・・・
まずは2点挙げたいと思います。


● 情報のテーマを決める
● 好きなだけでなく、「売れる」情報商材を!

ということで、一点ずつ詳しくお話ししますね。


情報のテーマ

 □ テーマとするのは、あなた自身が、得意なこと、好きなこと、知識経験を生かせるものが理想です。

 前記事にも書いていますが、情報ネタに最適なのは、
 あなたが得意なこと、好きなこと、いままでの知識・経験が生かせることです。


 それはなぜでしょうか。。。

 今挙げた情報ネタは、あなたが知っていることを
 応用、発展させていけばいいので、
 新たに、関連する情報を検索していく手間がなくてもすみます。
 たとえ、検索の手間があっても、その手間は少なくできますね。


 もう一つは、あなたが好きなことであり、得意なことは、継続できるということです。

 あなたは文章作りが得意でしょうか?
 もし、文章作りが得意であれば、商材作りも楽しいかもしれません。
 しかし、もし、得意でない場合は、情報ネタをまとめ上げて商材化するのにかなりの根性がいります。

 何事も楽にできることはないのです。


          
好きなだけでなく、「売れる」情報商材を!
           

 □ 売れるテーマ(ビジネス的に成り立つテーマ)


 売れるテーマってなんでしょうか?

 それは人間の欲望に関する部分に触れたテーマです。


 人間の欲望とは、あなたもご存じだと思います。

 わからない・・・っておもっても、
 下記の3点を見れば、あ、そういうことか・・・
 と納得すると思います。


 「  」 「  」 「  」   


 この3つなんですね。


 例えば、
「食」でしたら、グルメ情報、食べ歩き情報、口コミ情報、○○をおいしく作る方法・・・

 などがあります。


 「色」「欲」に関しては、それこそ数え切れないほどあると思います。


 さらに、こういったものが、ニッチ部分に属するネタでしたらなおいいです。

 あまり一般的すぎるネタは、情報化したとき、同じ情報をテーマにした同種類
 の情報商材と競合になるのを覚悟しなければなりません。

 競争に勝つためには、他の情報商材に対するアドバンテージがないと成功は
 おぼつかなくなります。


 あなたが、情報化しようとしているテーマが決まりましたら、そのテーマを
 「キーワード化」して、検索エンジンの「Yahoo!」もしくは「google」で検索してみてください。

 
 これをやってみると、あなたの選んだテーマがビジネスとして成り立つ
 (人が欲しがる)テーマかどうかの判断の目安になると思います。


 その結果、検索ヒットした数が多すぎたら、競合するでしょうし、

 ヒットがなかったら、売れないというわけですね・・・・


 また、「まぐまぐ」の「キーワード検索機能」を使って、あなたが選択した
 テーマのキーワードを含むメルマガを検索して探すこともできます。


 同種類のテーマのメルマガの読者数で、その人気度がわかるということです。



 また、オンライン書店の「アマゾン」の検索機能を使うと、キーワードを含む
 本の売れ行きをランキングで確認することができます。


 これらのツールを使って、あなたの選んだタイトルが、ビジネス的に成り立つか
 (商品として売れるか、情報を欲しい人がいるか)どうかの判断の参考になってくるとおもいます。

 それと、大切なことは、

 あなた自身が、その内容を知りたいか!


 ということです。


 あなたがまったく必要がない情報なら、他の人も興味がないと思いますよ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。