アナタのやる気で稼げる金額は決まってきます

アナタには本当に稼ぎたいという気持ちがありますか?
やる気があれば、そのやる気に比例して作業もすすみ、稼ぐサイトができてきます。
アフィリエイトブログのノウハウはこのサイトからどんどん得てください。


アクセスを集められるブログを作るには、
旬なキーワードが集められたら簡単なことです。


KEI値が高く、競合ページ数の少ないキーワード
を選ぶ。


複合キーワードも混ぜながら、アドセンスアフィリエイトを貼っておく。


そうすることで、ブログのテーマを求めてくる人には
必要な情報が置かれていることになります。


大事なことなので確認しておきますが、

ここで、対象にしているのは、全てのネットユーザーです。

日本のインターネットユーザーの数は 2005 年時点で 8,529 万人、
うち約 7 割のユーザーが週に 1 度以上の頻度で利用していると
いわれています。

『ネットユーザー白書 2006 』


そのうち、ネットショッピング経験は 90.6 %、日常利用は 68.4 %
もあるというのですから、大きなマーケットであることに違いありません。


情報や商品を求めて、Yahoo!などの検索エンジン経由で
アナタのブログにやってきます。


アナタのブログに、ユーザーの欲しい情報や商品があれば
興味を示しますから、何らかのアクッションがあるはずですね。


そこに、アドセンスやアフィリエイトを貼っておけば、あなたの
収入に直結します。


ですから、各内容も、ユーザーのニーズに合ったモノであれば
それだけ信頼もされ、限りなく購買に近い行動になるはずです。


私自身も、アドセンスアフィリエイトブログが収入をもたらして
くれていますが、このブログって昨日、今日作ったモノだけでは
ありません。


1〜2ヶ月前、数ヶ月前に作ったブログから収入があります。


しかも、作業のほとんどは、新規ブログの作成に使っていますから、
数ヶ月前に作ったブログは放置したままです。


検索エンジンにヒットすればアクセスはありますから、
ごく当然のことです。


それだけ、ブログのテーマにあったキーワードと内容が重要
だということです。


稼げるキーワードが、たくさん落ちているのが
ここなんです。

http://www.yahoo.co.jp/


そして、「勝負できるキーワード」か調べるのには
これを使います。


「キーワードアドバイスツールプラス」

http://www.muryoutouroku.com/


あとは、あなたが実際にやるかどうかで決まります。

今回は、素人ブログでも起業サイトに勝てる証拠をお見せします!

前回は、「今有効なキーワードは何なのか?」を考えながら、
キーワードを探すことが大切だといいましたね。


今回は、素人ブログでも起業サイトに勝てる証拠をお見せしようと思います。
まず、Yahoo!検索で、今最も「旬なキーワード」を実際に確かめてみましょう。


Yahoo!検索

http://www.yahoo.co.jp/


次のキーワードを入力して、どんなサイトが上位に出てくるか
確かめてみてください。


「クロックス」

「ジビッツ」

「コジマ電機 」

「10円まんじゅう」


  ・
  ・
  ・
  ・
いいですか、ただ、この記事を読み進めるのではなく、実際にやって確認してくださいね。
  ・
  ・
  ・
  ・




いかがですか?



それぞれ、企業のサイトが表示されているのは分かりますね。



でも・・・



もう一度、よく見てください。



その中に、個人のブログが入っていることに気づきませんか?


「クロックス」で調べた結果、公式サイトではないブログが
これだけ、上位表示されています。


http://xn--pcka4a0b1o.jpn.org/file/

http://xn--pckasp0bo8zka2d.jpn.org/crocs/

http://xn--pcka4a0b1o.x0.com/crocs/

http://xn--pcka4a0b1o.ttr77.com/

http://xn--pcka4a0b1o.8hobby.com/

http://xn--pckasp0bo8zka2d.usa-pink.com/


しかも・・・

このブログは、なんと・・・未完成です。


http://xn--pcka4a0b1o4709c.sblo.jp/


以上、どれもが「個人のブログ」です。


続けますね。



「ジビッツ」だと

http://crocs--disney.seesaa.net/

http://jibbitz4crocs.seesaa.net/

http://xn--u9j1ga1bd2dei7kyk.od40.com/

http://crocsdisney.269g.net/



「コジマ電機 」だと

http://xn--tckk8im76vov5b.tomop.info/

http://kojima.m-ike.com/


「10円まんじゅう」だと

http://10enn-manjuu.seesaa.net/



これを見て、次のことに気づきませんか??


なんと、無料ブログのseesaa269gで作ったブログもありますね。





はい、このように、キーワードさえ見つけたら、上位表示はそれほど
難しくはないのです。

このことを、今回わかっていただきたいのです。


さぁ、そこにアドセンスを貼るとどうなるか・・・


お分かりですね。


ここでも、大きなポイントは、

KEI値が高く、競合ページ数の少ないキーワード

です。


そして、ブログにどんな内容の記事を書けばいいのか。

それは、上記のブログの内容を見れば分かります。



このようにして、実験と検証を重ねることで、
あなただけのノウハウが作れることになります。


実行しないと始まらないというのは、こういうことなのです。


ここに、稼げるキーワードが、たくさん落ちていますよ^^


http://www.yahoo.co.jp/

はい、ヤフーです。

「旬のキーワード」を、一瞬にして調べることのできるサイトを教えます。

前回の予告どおり、今回は「旬のキーワードを一瞬にして探す方法」を教えます。

アナタはどうやってキーワードを決めていますか?

旬のキーワード、把握しているでしょうか?

どうやってキーワードを決めればいいのか・・・


簡単です。


今回紹介するサイトで検証することができます。


人はどうやってサイトにアクセスしてくるのか

これさえ分かっていれば、それを逆に利用してしまえばいいのです。



では、実際に稼いでいる「旬のキーワード」を、一瞬にして
調べることのできるサイトを紹介します。


それが、「キーワードアドバイスツールプラス」です。

 http://www.muryoutouroku.com/


例えば、「クロックス」と入力して、キーワードをチェックしてみましょう。

すると、次のような項目が表になって現れます。

・キーワード
・月間検索回数
・Google検索結果
・GoogleKEI
・Yahoo検索結果
・YahooKEI
・競合ページ数


この表で、以下の目安でキーワードを決めることができます。

1.月間検索回数の多い方が「狙い目」のキーワードになります。
2.KEIとはキーワード有効性指標と言われ、数値が大きいほど
狙い目」キーワードになります。
3.競合ページ数とは競合となるページ数で、少ないほど「狙い目
キーワードになります。

実際に表を見ると分かりますが、「KEI 値」が赤くなっています。

月間検索回数の2乗 ÷ 結果件数で表されるKEI値は、
1000以上」だと赤くなります。

つまり、多くの人が検索しているのに、
表示されるページが少ないということです。

勝負ができるキーワードだということになります。


「クロックス」と入力して、キーワードをチェックした場合は、
以下のように分析できます。

キーワード 「クロックス」

月間検索回数 382,396 回
Google検索結果 1,420,000 件
GoogleKEI 102976.5
Yahoo検索結果 1,910,000 件
YahooKEI 76558.5
競合ページ数 51,300 件


キーワード 「クロックス ケイマン」

月間検索回数 17,597 回
Google検索結果 263,000 件
GoogleKEI 1177.4
Yahoo検索結果 356,000 件
YahooKEI 869.8
競合ページ数 802 件


「クロックス」だと、競合ページもかなりありますが、
「クロックス ケイマン」だと、KEI値のわりには競合ページ数
が少ないことが分かります。


ただし、この数値は、今日の値ですから、日によって変化します。



キーワードの調べ方をまとめると、こうなります。

1.Yahoo!などのポータルサイトやニュースサイトで情報収集し、
  キーワードをピックアップする

2.「キーワードアドバイスツールプラス」で、KEI値と競合ページ数
  を確かめる

3.KEI値が高く、競合ページ数の少ない「キーワード」に決める


これだけでOKです。

はじめのうちは、少々時間がかかるかもしれませんが、
慣れてくれば、この作業は簡単になってくるでしょう。


また、「今有効なキーワードは何か」ということを
調べる「勘」も鋭くなってきます。


この「キーワードアドバイスツールプラス」は、自分のサイトやブログ
にも設置している人も多いですが、実際に使っている人は、少ない
と思います。


これによって、キーワード調べのひとつのデータとして使えますので、
意識的に使えば、効果も上がりますよ。


「キーワードアドバイスツールプラス」

http://www.muryoutouroku.com/

無料ですので、どんどん活用しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。