稼げるキーワードの発掘方法を教えちゃいます!!

数回にわたって、キーワードを意識したブログ記事の書き方について話してきました。
この講座内容、とても反響がありました。

そして、以下のような質問があったので、みなさんにもお知らせします。

「肝心なキーワードの選び方ですが、
みなさんはどうやって見つけているのでしょうか?」

     というものです。


先日も、キーワードの収集方法を話しましたが、2通りあります。


1つ目は、キーワードそのものをもらってしまうこと

これなら、探す手間も時間も必要ありません。

あとは、そのキーワードを使って記事にしていくだけです。



2つ目の方法は、自分で探すことです。


「自分で探す!?」

はい、自分で探す方法があるんです。
私が使っている方法がこれです。


http://www.infotop.jp/click.php?aid=38169&iid=6881


SEO対策ではトップレベルの中島さんが、自身のノウハウを
惜しみなく提供してくれました。


キーワードの基礎・基本とも言えますので、これを知ってから
キーワードを探すようにすると、その作業も苦ではなくなります。

きちんとした系統だった知識は絶対に必要ですから、
この商材はとてもお役に立つことでしょう。


価格も2,980円と安いのでお薦めです。


聴く!観る!効く!「アフィリエイト実践講座」
vol.1「稼げるキーワード発掘法」



それも大変 という人は、こちらからごっそりキーワードを
もらっちゃってください^^


毎日ほったらかしで1000個以上の最新キーワードが届く! 
トレンディーキーワード

http://www.infocart.jp/url=www.trendy-kwd.com%2F



こちらは、初月無料で、月額2,980円です。

どちらもおすすめです。

キーワードを意識した記事の書き方4つのポイントとは・・・?

今回は「キーワードの組み込み方を考えた記事の書き方」というお話をします。

アフィリエイトブログを作る場合のポイントですが、
キーワードを入れて記事を書くことがSEO的にも重要です。


アフィリエイトブログにいかにアクセスを集めるかが大切なので、
SEO対策で上位表示される必要があります。


前回は、「タグを上手に使う」ことについて書きましたね。
まだ読んでいない方は≫コチラ≪も是非読んでください。

さて、ブログの記事投稿ですが、ターゲットを意識して集めた「キーワード」を入れて書くということが大切なポイントとなります。


そのポイントは4つに絞られるので、覚えておいてください。
この4点を考えながら、文章を組み立てていきます。


1.Google はホームページの上に表示されているキーワードほど重要、
同じ行でも、左に書かれている方がポイントは高くなる

2.2つ以上のキーワードで上位表示させる場合、なるべく近くに配置すると有利

3.ページの最初の方にキーワードを入れると有利

  Google は、各ページの最初の方に出てくるキーワードが特に重要だと認識しますが、
  その傾向は、ヤフーの検索エンジンで特に顕著です。

  ホームページの第1行目や2行目に来る言葉を特に重視するといわれています。

4. 全ページに一定の率でキーワードを入れ込む

 1つのテーマでコンテンツを作っていけば、全ページにキーワードを入れることは簡単です。
 多少キーワードを多くしておこうという意識で文章を書きます。

 特にヤフーの検索エンジンは、重要キーワードが多くのページに表示されているのを重要視します。
 タイトルにも含まれる重要なキーワードは、全てのページに入れてください。


そして、キーワードがどれくらいの率で自分のサイトに配置されているかを確認できるサイトがあるので、使用しましょう。

 キーワード出現頻度解析ツール
 http://www.searchengineoptimization.jp/tools/keyword_density_analyzer.html


 ここに、サイトURLを入れて、何パーセントぐらいキーワードが入っているか調べることができるんです。


 「出現頻度」は、%でグラフ表示されますので、何パーセントぐらいキーワードが入っているかすぐに分かります。


 1ページ当たりのキーワードの配置率は、5パーセントぐらいが
 検索エンジン上位表示に最適だといわれています。


 また、自分のブログが今、
 「どんなキーワード」で、「どの検索エンジン」に「何位」で表示されているのか
 を調べることも可能です。


 ただ闇雲にSEO対策するよりも、きちんとしたデータをみながら
 ブログのメンテナンスや、更新などをしていくほうが、はるかに効率的です。


 そこで、これらをすべて一発調査できてしまう、
 とても便利なツールがこれです。


 「あなたのブログ・サイト順位 一発調査!」
 http://mailzou.com/get.php?R=11592&M=694


 無料レポートですが、結構役に立つ内容ですよ。



 次は、「検索エンジンへの登録」について話します。
 コレも忘れてはならない大切なポイントですよ。

検索サイトの目的が見えればSEO対策もしやすくなります。

検索サイトの目的とは、何でしょうか?

そういう根本的なものが見えてくると、SEO対策もしやすくなるんです。

今回はそのことについて話していきますね。

基本的なSEO対策」とは何?

実は、そう思っている人は結構います。

SEO対策」と聞くと、ほとんどの人が、「素人でもできるの?」と、
難しく考えてしまいがちですが、「SEO対策」って簡単です。


というか、簡単なことだけは、やっておきたいということです。


ほんの数分でできることですから、やるとやらないとでは大違いです。


SEO対策は裏技奥の手特効薬とは違います。

検索サイトの目的というのは、役に立つ有益なホームページ
上位表示
させるということです。


ですから、充実したコンテンツがある」サイトを作ることが肝心です。

はい、わかりましたか?

0.究極のSEO対策とは、コンテンツの充実だといえます。


では、具体的にSEO対策最低限必要なことを書きます。

まず、SEOの基本は、正しいHTMLを記述することです。
どんなホームページでも、HTMLタグの組み合わせで作られています。

SEO対策には、タグを正しく有効に使うことが基本です。


1.タイトルタグ

<title>キーワードを入れたホームページのタイトル</title>

検索エンジンに表示させるためには、TITLE タグが最も重要で
最も効果がある対策方法です。


2.メタタグ

<meta name="description" content="ホームページの紹介文">

ここに、キーワードを入れたホームページの紹介文を書きます。

<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,
キーワード3,キーワード4,キーワード5,キーワード6,キーワード7">

ここには、サイトのテーマと一致したキーワードを羅列します。

メタタグ(meta)は、2つに分けられます。

はじめが「description」で、検索エンジンで何かを検索したときに、
ホームページのタイトルの下には、文章が記述されます。
そのホームページの紹介文は、descriptionの部分から来ています。

次に、「keywords」です。
記事本文中に実際に出てくるキーワードをいくつか並べることで、
検索エンジンにそのページの内容を分からせる役目を持っています。

ただし、過度にキーワードを並べたりすると、逆に「スパム行為」と
判定されるので、注意が必要です。


3.<hX>タグ

 <hX>タグは見出しに使います。
 Xには1〜6までの数字が入ります。
 数字が大きいほど大見出し、小さいほど小見出しになります。

 <hX>タグ「title」タグについで重要な要素です。
 数字が小さくなるほど重要度が高いと評価されます。

 <h1>タグが最も重要だからといって、何度も使えばいいということではないので、ご注意ください。

 「大見出し⇒小見出し」と文書の構造にマッチした、正しい使い方を
 しなければスパムと見なされる可能性がありますので、「h1」タグは
 1ページに1箇所が無難です。

 <h1>大見出し</h1>
 <h2>中見出し</h2>
 <h3>小見出し</h3>


4.キーワードの選択

検索エンジンからのアクセスを増やすためにはキーワードが大きな
ポイントになることが分かると思います。

次回は、そのキーワードの基本を話したいと思います。



注意)文中に使用している<>は、実際には<>(半角)を使用します。
  <>(全角)だとそのまま表示されてしまうのでご注意ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。